マスターのひとりごと(インフォメーション)

2012-03-31 23:32:00
 
 


先日仕事でミスって取引先に迷惑を掛け、謝罪に行って来ました。
社長さんは物凄く気さくな方で普段からとても良くしていただいており、自分が訪問して
担当者と打合せしてると社長自らお茶とお菓子3人分持ってきて雑談始めるようなお茶目な方でした。

社長室にノックして入室。堅物で仕事完璧の専務さんが仁王立ちしており、その奥のデスクに社長がいらっしゃっいました。
「この度は申し訳ありませんでした!」と開口一番頭を下げると、専務さんから
「お宅とは長い付き合いだけど~~」とお説教を始められました。
こちらのミスですし全く言い訳の仕様もなく、ひたすら「申し訳ありません!」と
聞いていたのですが・・・専務さんが怒る後ろで、社長さんが変顔。
「本当に申し訳ございm…ウブフゥッ!」
みたいな変な声で噴出してしまい、慌ててうつむく自分。
ここで笑ったら当然専務さんブチ切れる、下手したら取引停止かも・・・と
必死で堪え、泣いて誤魔化す事に。
社長さんは専務さんに怒られてる自分を気遣ってくれてるんだなぁ、と考えてると
自然と涙が出てきたので、よし誤魔化せたと思って顔を上げると、
専務さんの後ろでヅラを(わざと)ずらして物凄い良い姿勢ですまし顔の社長さんと目が合い、轟沈。
当然専務さんブチ切れだけど、自分の視線が専務さんじゃなくて社長さんを見ているのに気付いて後ろを振り向く。
「君は一体何を笑って・・・!ちょっ、お義父さん!何やってるんですか!!」
苗字違うから多分専務さんは娘婿なんだろうな。そんな専務さんを社長が一喝。
「ここではお義父さんと呼ぶな!」
慌てて言い直す専務さん。
「し、失礼しました、社長」


「パパと呼べ、パパと」
専務さんも轟沈。

その後怒られてるはずなのに和やかムードになってしまい、
「あぁもう、今回はもう良いから、次からちゃんとやってください」と専務さんに言われて終了。
今日になって打合せで訪れた際社長さんに改めてお礼すると、
「だって、専務の話長いしつまんないんだもん」との事。
この会社の離職率が業界平均より異様に低い理由が何となく分かった。
でも笑っちゃいけないと思えば思うほど我慢できなくなっていくのが本気で修羅場だった。

(コピペです)

2012-03-31 16:46:00
 
 

幸せは香水のようなもの。
他人にふりかけようとすると、自分にも2、3滴ふりかかる。

 

絵本『葉っぱのフレディ』で世界的に知られているアメリカの教育学者レオ.パスカーリアの言葉です。

彼は教え子の自殺という事件を通して命の大切さを学ぶことの重要性を社会に訴えました。

日常生活でのストレスを克服する鍵は社会的な人と人との絆であり、愛だと言いました。

人への愛は自分にも降り注ぐ…素敵な考え方です。

見習いたいですね。

2012-03-21 23:27:00
 
 

 

 

スコットランドのセント・アンドリュース大学で行われた研究は、野菜やフルーツが肌の色艶にどのような影響を与えるかというもので、実験では、被験者の35人に6週間の間、フルーツや野菜を多く摂取する生活を送ってもらい、その後肌をチェック。すると、全員の顔色に赤みや黄色みが増し、驚く程顔色が良くなるという結果でした。

ニキビや肌荒れに関する研究ではないのですが、顔色だってキレイな肌の要素の1つで、顔色はモテの鍵。

同実験チームが心理テストも行ったところ、顔色がいい人の方が異性にとって魅力的に映り、明らかに好印象を与えるということも判明。

お野菜を食べると健康になって顔色もよくなる。顔色がよくなればモテるということだそうです。

偏食しないで、もし野菜が嫌いならお薬と思って食べるといいことあるかもです。

2012-03-21 21:36:00
 
 

 

1 2 3 4 5 6